football-progressのblog

サッカーとフットサルが大好きすぎるアラサー手前の男子が、ただただ自分がよりうまくなるために基礎からまとめるブログです。あわよくば皆さんのご参考となればと思い、開設しました。どこまで続くかわかりませんが、よろしければご覧ください^^ サッカー・フットサルにとどまらず、フリースタイルフットボールやストリートサッカーのテクニックも紹介します^^

タグ:足技

前回はストリートサッカーとはどういうものかを説明しました。
ショーン・ガルニエの動画を見てある程度イメージはできたかと思います。

ご覧になっていない方はこちらからご覧ください。

しかしながら、見ただけではできるようにはもちろんなりませんよね?

彼らは何年という練習期間を経て技を次から次へと出せるようになったのです。
いきなりハードルが高いことを言ってしまいましたが、
大事なことは「毎日少しでもボールを触ること」です。

自戒の念を込めて言いますが、実際に練習しない限りできるようにはなりません。
ですが、毎日少しでも練習ができれば、できなかったことでもある日、急にできるようになります

サッカー、フットサル、ストリートサッカーに限らず言えることですが、
皆さんも似たような経験をしたことがあるのではないでしょうか。

いきなりショーン・ガルニエみたいになることはありませんが、
千里の道も一歩よりということで、今回は基本的なムービングを実践することで初心者から一歩抜け出しましょう。

なお、ムービングはサッカーやフットサルにも直接使える技というのは限りがあります。
しかし、ボールタッチの技術向上には役立つため、実践してみましょう。

もし、ボールタッチですらも初心者ですという方は、別でボールタッチの基礎を説明しているので、以下の記事をご覧ください。

【初心者向け】サッカー・フットサルにおけるボールタッチ基本
【初級者向け】サッカー・フットサルにおけるボールタッチ応用



まずはこちら。
クラッピングと呼ばれるムービングです。
以下の動画で分かりやすく説明をしてくれています。



私の場合、どのムービングもそうですが、最初のうちは上手くできません。
なので初めに流れを確認したらムービングを数ステップに分解します。
それを一つずつできるように何度も練習してから繋げるようにしています。


そして次はこちら。
ボールを転がしながら自分もくるくると周ります。
やりすぎると少し目が回るかもしれないので休み休みやりましょう。(笑)





最後に、これができれば「脱・初心者」とも呼べるムービングの合わせ技を使った動画を紹介します。
この動画では、4つの基本的なテクニックを掛け合わせることで本格的なムービングを実現させています。
以下4つを繋げてスピードアップできれば、相手にすごいと思わせることができますね。

①プル&バック
②プル&プッシュ
③クラッピング
④バッククロス





いかがでしたでしょうか。
初級向けのムービングを紹介しましたが、少し難しいと思われた方もいらっしゃったと思います。
しかし、どんなに難しい技でも一つ一つの動作がゆっくりでもできるようになるまで練習するのが大事だと私は信じています。
あとは慣れてからスピードアップさせればOKです。

今回の動画を何度も見て、毎日でも少しずつ練習してみましょう。





13224b275ea0460a298d8b4fc4261f31_s

海外では当たり前のようにストリートでサッカーをして、日々遊びながら技術を磨いています。
日本ではあまりストリートサッカーの文化は広まっていません。
恥ずかしながらサッカーを長いことやっていましたが、ストリートサッカーというものを最近まで知りませんでした。。。
公園でもボール禁止だとか保護の文化が強いからでしょうかね。

しかし、海外では当たり前のようにストリートサッカーをしている人が多く、Youtube動画を投稿しているも沢山います。

そこで、ストリートサッカーを今回は始める!というところで書きます。


◆ストリートサッカーとは?

欧米ではStreet Footballとも呼ばれているそうで、
リフティングでパフォーマンスを魅せるフリースタイルフットボールと同じ一人でもできるストリートの競技です。

サッカーだと11人、フットサルだと5人は必要です。
しかしストリートサッカーは1人、もしくは2人でもできるスポーツなので、
練習したいけど人数が少ないというときには、うってつけです。

また、1vs1の対戦では、円形のフィールドで時間内に相手より点を多くとるか、相手の股を抜く(PANNA:パナ)とその時点で1発KO勝ちとなる「PANNA KNOCKOUT GAME」という競技もあります。PANNA KNOCKOUTはこんな感じです。



こちらはボールタッチ技術を高めることができるので、フットサルやサッカーでも応用がききます。
友達同士でやるときに相手を小馬鹿にしたプレーで股を抜けると優越感に浸れますね。(笑)

◆グラウンドムーブ(ground move)とは?

ボールを地面においた状態で繰り出す技のことです。
サッカーのボールタッチをベースに軸足を通したり、回転しながら技を組み立てます。
色々な技を組んでご自身でオリジナルのムーブを作ってみてください。

それらを極めた人物がストリートサッカー界の神とも呼ばれるショーン・ガルニエ
フリースタイルフットボールのパフォーマーです。
元々フランス出身でサッカーをやっていましたが、ケガで断念。
いまや世界をまたがって活躍しています。

この人は半端じゃないです。(笑)
様々な街中で観客とフットボールを楽しんでいます。
早すぎてわからないので何回も見ています。
ぜひ参考にしてトライしてみてください!




グラウンドムーブを研究するときには、ステップを分解をするのがおすすめです。
Youtubeで「ground move」と検索すると動画がたくさん出てきます。
解説動画にもありますが、手順ステップを分解して、説明してくれています。
なので実践するときは、焦らず一つ一つのステップをクリアしてから通しでやっていきましょう。



















a4cab59e3d00afd7e22d27b749acbe60_s



前回の投稿では、ボールタッチの基礎を書きました。

基礎編のSTEP5に書いたように
今回は応用編として、ボールを見ずに早く足裏でボールタッチができた人に向けて書きます。

↓前回の記事はこちら↓
【初心者向け】ボールタッチ基本


さて、本題に入ります。
今回は応用編ですので、詳しいことは書かずに項目と関連動画をアップしていきます。

✔ソールロール/トゥーロール
ソールロールに関しては、片方の足裏で前後にボールをコロコロできればOKです。
トゥーロールは、片足の爪先で軽く前に押し出し、同じ足の裏でボールを引きます。
動画を見てゆっくりでいいので練習してみましょう。



✔インサイドロール
インサイドロールはインサイド(足の土踏まずの部分)または、足裏でボールを舐めるように内側(逆足側)に転がします。



✔インサイドタッチ
両足のインサイドを使って交互にボールをタッチします。
サッカーを習う人は誰しもが通ってきた道です。
応用編でかいちゃいましたが、うまい人からしたら基礎中の基礎です(笑)
できるようになったらタッチしながら前進・後進もトライしてみましょう。




✔プルインサイド
プル(=引く)ですので、ボールをまず片方の足裏で引いて、同じ足のインサイドで軽くける。
これを繰り返します。
動画では逆足に持ち替えますが、そのまま同じ足で何度も続けても構いません。





✔プルインステップ

プルインサイドと同じようにボールを足裏で引いて、今度はインステップ(足の甲)で押し出します。
この動画でも一度終えたら逆足に持ち替えていますが、同じ足で続けても構いません。
トゥーロールに似ています。





他にもYoutubeに沢山あがっていますので、
「ボールタッチ」で検索してみましょう。




436aea853bb2b5e843961b7935808540_s


フットボールを楽しむためには、まずボールに触る必要があります。
ドリブル、シュートの前に身に着けておくべきスキルが「ボールタッチ」です。

サッカー・フットサルを始めたばかりのお子さんや大人でも、ボールに触れ、ボールに慣れることこそ、上達のコツです。

プロの選手とは、このボールタッチが物凄く優れた人たちです。
ドリブル、トラップ、シュートすべてに共通するいわばベースのようなもの。
うまくなるため、楽しむためにはまずボールタッチの基礎から身に着けていきましょう。


以下は自宅や公園で一人でも練習ができる動画です。
※自宅でやる際は騒音など近隣の住民に迷惑をかけないよう注意しましょう。

【やり方】
①片方の足裏でボールをタッチする。
②足を入れ替えれ逆足でボールをタッチする。


これだけです。

★STEP1
どの練習法でもそうですが、はじめは遅いスピードでやりましょう。




★STEP2

慣れてきたら以下の動画のように速いスピードでトライしてみましょう。
以下のくらいはできるまでやりましょう。






★STEP3
そして、ボールを見ずにゆっくりやりましょう。

★STEP4
ボールを見ずに速いスピードでやりましょう。

★STEP5
より難しいボールタッチに挑戦してみましょう。
こちらに関しては後日「応用編として」詳しくまとめます。


【まとめ】
・ボールタッチは基礎中の基礎です。
・はじめはゆっくりと練習しましょう。
・徐々にスピードを上げて練習しましょう。
・できるようになったらよりレベルを上げたメニューに挑戦しましょう。




↑このページのトップヘ