フットサルという競技はサッカーと違って1チーム5人で行います。
競技を行う上で、チームが勝つために役割分担(ポジション分け)をしています。

今回はそのフットサルのポジションについて説明したいと思います。


【ゴレイロ】-Goleiro-

サッカーで言うゴールキーパーです。
フィールドプレーヤーの中では唯一、手を使ってボールを扱うことが許されます。
ゴールを守るだけでなく、攻撃の起点となるプレーも求められます。
パス回しに参加したり、ミドルシュートを放つこともあり、
試合の50パーセントはゴレイロで決まる」と言われるほどの重要なポジションです。

遊びで行うフットサルのときはそこまで気にしないとは思いますが、
大会の時は、以下の場面で4秒ルールでファウルが適用されるのでゴレイロをやる人は注意が必要です。

ゴールクリアランスで投げられる状態になってから4秒が経過
ハーフライン手前でボールをもった状態で4秒が経過

4秒ルールに関しては、こちらの記事をご覧ください。
初心者必見!!フットサルのルール、サッカーとフットサルの違いとは??


【フィクソ】-Fixo-

サッカーで言うセンターバックやボランチのポジションで守備の要となります。
守備面では後方で相手の攻撃を防ぐことが主な役目です。
コーチング能力、パスカットのための俊敏さや読みの力、相手ピヴォに負けない強靭な体も必要です。
一方攻撃面では、司令塔としてパス回しの中心となり、チーム全体をコントロールする役割を担い、
ボールを奪われると即ピンチとなるため、キープ力も必要です。
しかし、ドリブルで仕掛けることはあまりせず、相手のチェックをずらしてパスを出すことで攻撃を組み立てましょう。


【アラ】-Ala-

サッカーで言うサイドハーフのポジションです。
攻守両面で貢献するためには、上下動に耐えられる体力と攻守の切り替えの早さが求められます。
また、自分でボールを前に運ぶ動き、ドリブル突破やスペースへの飛び出しでゴールを狙います。
更にはキックの精度も求められるため、オールラウンドな能力が必要とされます。
ピヴォからのパスを受ける頻度が多く、得点に絡む機会も多いです。


【ピヴォ】-Pivo-
サッカーで言うセンターフォワードのポジションです。
最前線のターゲットとしてポストプレーなど体を張り、ボールキープや味方にパスを出します。
また、同時に自らも振り向き様にシュートを打つなど、積極的にゴールを狙っていく役割も担っています。当たり負けない体の強さとキープ力が必要であり、シュート力と、こぼれ球に素早く反応する敏捷性も要求されるポジションです。



以上でフットサルにおける4つのポジションを書きました。
各ポジションごとの動きや戦術については別の記事でまとめようと思います。
ここではフットサルにはこんなポジションがあるんだなという程度でも理解しておきましょう。