f3e705b87eb36594271b8902794fb5e6_s



サッカーやフットサルの試合で一番大事なことは「得点を取る」ことです。
当然ですが、得点を取らなければ引き分けるか負けることになります。
得点を取るためには、「シュート」を打つ必要があります。

最もポピュラーなのが、以前の記事ででも解説した「インステップキック」
いくつかあるキックの中でも強烈なシュートを打つことができるのがインステップキック。

いくつかポイントがあるので、整理していきます。
1.シュートを打てる位置にボールを置く。
2.助走をとり、軸足はボールから少し離れた場所にかかとから踏み込む
3.両手は広げてバランスをとる。
4.蹴る方の足首を伸ばして固定する。
5.足の甲でボールの中心をとらえ、体重を乗せてしっかりとインパクトする。

特に大事なのは4と5です。
足首が固定されずにぐらぐらのままだと、ボールに力が伝わりません。
結果、弱いシュートとなりゴールキーパーに優しいシュートとなってしまうわけです。
そのため、足首を伸ばし、指をグーにした状態で蹴ることをお勧めします。

そして体重を乗せることで、よりパワフルなシュートを打つことができます。

元日本代表FWの城彰二さんが解説してる動画がありましたので、そちらをご参考にしてください。



また、強いシュートの蹴り方を解説している動画もあるので、ご参考までに。
初めのうちはミートを意識して感覚をつかみましょう。

こちらの動画も参考になります。





下の動画はフリースタイルフットボーラーのtatsuyaさんの配信している動画です。
この方はシュート以外にもボールタッチやドリブルの解説もしてくれているのでとても参考になります。






【まとめ】

・足をグーにした状態で、しっかり固定する。
・足の甲でしっかりインパクトして、ボールに力を伝える。


初めのうちは力まないようインパクトの感覚をつかむシュートを身に着けて行って、
徐々に距離を伸ばしてシュートを決められるようにしましょう。